Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

February 2013

ハイジズガーデンのドアを開けると
s-DSCF3439

寄せ植えがズラリ。
「前より鉢が増えている!」
と予想していた風景と違って、びっくりしました。
花にお出迎えしてもらっているような気持ちになりました。
s-DSCF3440

ガーデンのビオラも少しずつ花を開かせていました。
s-DSC_0303
また、花盛りの時期が来るのが楽しみです。

今日は、ハイジズガーデンのブライダルフェア。
模擬挙式の新郎様・新婦様役が使うブーケ・ブートニアは、
どんなお花が使われるのでしょうか。
今日も、ちょっとずつ近づいている春の足音を見られそうです。

こしいし

ハイジの村の「バラの温室」。
心地よい温かさと、色とりどりのお花に癒される空間です。

挙式も行われるこの温室には、四つ葉のクローバーが育っています。
s-s-yotuba


そして先日見つけたのは、ハート型に整えられたバラ!
s-ha-to

温室のスタッフに聞くと、4月頃には花が咲く予定とのことで、とっても楽しみです。

ハート形と言えば、温室の外にあるバラのアーチ。
s-a-chi2


6月には、こんなに素敵に。
s-s-a-chi

剪定をしているスタッフに、
「形を作るの、難しそうですね~。」と声を掛けると
「難しくはないよ。」とのこと。
さすが!


四つ葉とハート。

「四つ葉のクローバー しあわせの里 ハイジの村」の名前の通り、
見ているだけで、しあわせな気分になります。


さの

2/24(日)HEIDI'S GARDENブライダルフェアで
新婦様役が着る衣裳を公開!
s-画像

写真が小さくて見づらい・・・
ですが、さっき、実物を写真に撮りながら、じっくり見てきました。
s-DSCF3435

とっても飾りが細かくて、ずっと見ていたくなる感じです。
s-DSCF3436


どのアクセサリーが合うかなぁと検討。
お花を使うこともあるので、
どうなるかは当日のお楽しみです。

こしいし

HEIDI’S GARDEN
ポモドーロレイクビューで、
ほほ笑むウェディングベアーを発見!
s-DSCF3425

実はこれ、女性パティシエの手作りお菓子で出来ているそうです!
お菓子に見えない、本物そっくりな出来栄えに、びっくり。
あっ、レースは本物です。でも、レースの柄は、お菓子で表現したそうです。
花も本物なの?と思った方・・・私もです。
疑いのまなざしで、よーく、目を近づけて見ましたが。
お店のスタッフにあれこれインタビューして、やっとお菓子ということで納得。
かわいさにも目を奪われました。

ウェルカムボードのようにゲストをお出迎えする時にも置きたいですね。
デザートタイムにも華を添えそう。
とあれこれ想像が膨らみました。

こしいし

ふわっふわな、長いトレーンのドレス。
s-DSCF3424

2回言いたくなるほど、レース使いがすごいんです!
やっぱり、白ドレスもいいですね。

ハンガーにかかっている時より、
トルソーに着せた方が、ずっと可愛く思えるのはなぜでしょうか。
s-DSCF3422

う~ん。
やっぱり、体のライン等を計算して、一番良い所に糸が通っていたり、
モチーフが着いていたりするんですね。
いつもとは違う、特別な衣装だから、工夫や技術も高いんですね。

見ているのと、着てみるのでは、印象も全然違うので、
これだ!と思う衣裳が、新婦様に見つかると良いなといつも思います。

とても余談ですが・・・
s-DSCF3420

自分で着せた白いタキシードのシルエットが、ガラス製のドアに見えて、
ドッキリしました。

こしいし

このページのトップヘ