Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

April 2013

4/29、5/3・4・5と続く、ハイジの村のブライダルフェア。
s-_DSC4924

今回の卓上装花はプリザーブドフラワー。
季節に合わせて、かわいらしい雰囲気にしてもらいました。
展示してあるブルー系のドレスにも色が合いそうです。
「あの、ドレス良いな。」と思っていたら、
お客様が試着体験してくださいました。
お写真をお届けするのが楽しみです。

s-_DSC4927

ブーケはバラをメインにしてもらいました。
来月には、園内もバラに囲まれますが、
今はチューリップ。
s-_DSC4781

昨日のご婚礼もきれいでした。
色とりどりの花畑とウエディング。
最高の取り合わせです。

こしいし

先日、ハイジの村のフォトウェディングをご利用頂きました。
お写真だけの結婚式。
s-DCIM0341

行く先々で、観光にいらしていたお客様が、
満面の笑顔で、お2人に「おめでとう」と声をかけてくださいました。
なんともいえない、幸せな雰囲気。
新しい門出を迎えたお2人に温かい言葉をかけて頂き、
本当に嬉しかったです。

満開のチューリップに囲まれての写真撮影。
s-DCIM0340

ハイジの村ならではです。
撮影スタッフの影から、私もササっと撮らせて頂きました。
s-DCIM0345

明るく、楽しいお2人。末永く、お幸せに。

こしいし

3月までのハイジズガーデンのブライダルフェアは
屋内の「ベルフラワー」で模擬挙式をしていましたが、
4/14(日)はガーデンへ出て、「湖畔のチャペル」で行ないました。
s-DCIM0339

陽光差し込むチャペル。
ちょっと風が強い日でしたが、
久しぶりにガーデンならではの開放感を味わえました。

春らしい変化が小物にも。
s-コピー ~ _DSC4250

ブーケに組み込まれたレースとふわふわしていそうな花弁の花。
かわいいだけではなく、きれいでした。

こしいし

今朝、TVニュースで、
「日本で外国人は何を写真に撮っているか」というコーナーがありました。
普段、あまり気にしないもの(自動販売機など)もありましたが、
日本人にもなじみの深い「サクラ」は、外国の方にも人気が高いようです。

今年は開花が早く、もうちょっとお花見をしたかったなぁと思っていたところ、
今が盛りの所へ行くことができました。

s-DCIM0298

このウェイトベア、どこに飾ってあるかというと、

s-DCIM0300

背景は「湖畔のチャペル」。
といえば、HEIDI'S GARDEN。
河口湖方面は、もっと開花が遅いのかなぁと思っていましたが、
s-DCIM0303

満開でした。
富士山もくっきり。

今日みたいな日に、結婚式ができたらいいなぁと思いました。
s-DCIM0310


こしいし

実は私、学生時代
「ハイジに似ている。」と言われていました。

子どもの頃、近くの山をかけまわって遊んだという話を知り合いにしたところ、
「髪型もハイジと同じだし、ハイジに似てるよ。」と言われたんです。

確かに今思えば、美容院に行って「ハイジにして下さい。」と
お願いしたかのような髪型。

その後、社会人になり、「ハイジの村」のオープン準備に携わることになり、
ハイジに縁があったんだな、と感じました。


ハイジの村のオープン前は販売する商品やレストランのメニューを考えたり、
試作・試食を繰り返したり、初めてのブライダルフェアの準備をしたり。

めまぐるしい毎日でしたが、
全てが新鮮で、本当に勉強になったことを思い出します。


縁あって一緒に働くことになった新入社員の皆さん、これから一緒に頑張りましょう。

s-s-20130407



さの

このページのトップヘ