Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

July 2014

先週は、HEIDI'S VILLAGE花の教会(北杜市)の挙式・披露宴、
マリエ・フローラル(甲斐市)でのフォトウエディング、そして、
一昨日のHEIDI'S GARDEN(富士河口湖町)での挙式・披露宴と
、3つの会場で幸せな時間作りにたずさわらせて頂きました。
s-DCIM1114


3会場のご婚礼で、色々な役目を担当させて頂いたのですが、
中でも一番緊張したのは、ブーケ作製でした。

HEIDI'S GARDENの挙式では、ブーケ・ブートニアセレモニーを行ないました。
ブーケ・ブートニアセレモニーとは・・・
新郎様が、ゲストの方からお花を1本ずつ集めながら入場し、集めたお花で、
スタッフがその場でブーケに仕上げ、そのブーケを新郎様から新婦様へ
プロポーズの言葉とともに贈るという演出です。

ブーケ作製の練習の際、他のスタッフから、「きれいにできてるよ。」とチェックをしてもらい、
自信をつけて、本番に向かいました(チェックありがとうございました)。
ふんわりした花びらのバラのブーケを、無事新郎様へお渡しすることができました。

完成したブーケを、新郎様が片膝をついて、プロポーズの言葉を添えながら
新婦様へ贈っていらっしゃいました。
まるで映画のワンシーンのようでした。新婦様の嬉しそうなお顔が印象的でした。
ブーケは新婦様だけのものと思いがちですが、
ブーケ・ブートニアセレモニーをすると、お二人にとって大切なアイテムになりますね。

どの会場でも幸せそうな、
お客様の表情をたくさん見ることができ、
さらに感謝のお言葉まで頂き、
「こちらこそ、本当にありがとうございました。」という感謝の気持ちで一杯です。

こしいし

昨日のブログで書いた甲冑ウェディングを行ったお客様。
実は披露宴の後の二次会もハイジの村でして下さいました。

披露宴会場から二次会会場までの移動距離、徒歩5秒。


近いですね。


甲冑の演出や余興で盛り上がったゲストの方々は、
その盛り上がりのまま二次会のレストランへ。
皆さまアットホームな雰囲気の中、楽しそうにお話しされていました。

新郎新婦のお2人にとって、あっという間に過ぎてしまう挙式・披露宴ですが、
最後二次会でゲストの方々とゆっくりお話しできたようで良かったです。



あやみ

先日、ハイジの村で結婚式がありました。

ガーデンでの挙式のあと、光のチャペルでの披露宴。
お色直しをした新郎新婦のお2人が入場すると、
会場には歓声と驚きの声が。

それもそのはず。
カラードレスの新婦様の横にいたのは、
甲冑姿の新郎様。

皆さま予想外の新郎様のお姿に、
かなり驚いていらっしゃいました。
(中には予想外すぎて大笑いしている方も)

打ち合わせが始まった時から、
「ゲストの皆さまを驚かせたい」とお2人が計画していた
甲冑でのケーキ入刀。

大大大成功でした。

試着の時から「甲冑が似合う」と、スタッフの間でも評判だった新郎様。
新婦様のドレスも新郎様の甲冑に合わせてお選びになったものでした。

当日は、カメラマンがたくさん写真を撮っていたので、
今からアルバムの完成が楽しみです。

s-_DSC4184編集後


















あやみ

7/13(日)はHEIDI'S VILLAGE花の教会(北杜市)のブライダルフェア。
模擬挙式の見学だけでなく、花嫁体験もできちゃう、お得なフェアです。

ハンドリラクゼーション体験では、
手と腕にかけてのお手入れでも、エステをお試ししたような気分に。
s-_DSC0260

憧れのプリンセス体験では、約20分位でヘアメイクの体験とドレスの試着も叶っちゃう。
ドレス姿になって、嬉しそうな新婦様の表情を、一緒に笑顔で見ている新郎様。
結婚式の準備期間にも小さな幸せがたくさんあって欲しいなと思う瞬間です。

ハンドリラクゼーション体験で使うクリームの香りもかなりの癒しパワーですが、
ハイジの村のラベンダーも順調に開花して、いい香りをはなっているようですね。
806b563a


結婚式って難しそう・・・と気を張り過ぎず、
癒しの体験をしに是非、お越し頂きたいです。

こしいし

7/7の七夕まであと数日。
6月末に桔梗屋グループのお花屋さん「Dolce Vita!」で
短冊を書かせてもらったからか、
今年は七夕をちゃんと楽しめている気がします。
s-DCIM1087

短冊を書くのも何年振りだったか・・・ちょっと思い出せません。
街中に七夕飾りを見つけて、季節に合わせて行事を楽しむのは
やっぱりいいものだなぁと改めて思いました。

Dolce Vita!へご来店頂くと、短冊を書くことができます。
季節感も大切にして、お花を提案してくれるお花屋さんならではの演出ですね。
何年か分の願いを込めて書くのもいいものです。


明後日のお花の打ち合せは、秋のウエディングのお客様。
お花の打ち合わせには、Dolce Vita!のフラワーコーディネーターも来てくれるので、
直接イメージを伝えることができます。
すてきなコーディネートをお考えのお二人。
イメージぴったりの結婚式になるよう、季節のお花も使って、演出していきたいです。


こしいし

このページのトップヘ