Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

September 2015

先日ハイジズガーデンで行なわれた結婚式。

4月から新郎新婦と一緒に準備をしてきました。
「こういうウェルカムグッズにしたいんです」
「こういうケーキにしてほしいです」
と、打ち合わせをしているその場で絵を描いてくださるお二人。
そのおかげで、お二人のイメージしているものが形にしやすかったです。

せっかくですから、お二人のこだわったものはご列席者の皆様にもじっくり見ていただきたいということで、ウエディングケーキ入刀の前に、「ウエディングケーキ入場」を行いました。
入場してきたケーキは、ご列席者の皆様の席の近くをゆっくりと通って行きます。
近くでじっくりと見る人、写真を撮る人。
ご列席者の皆様にも喜んでいただけました。
そして、皆様の喜んでいる姿をみて、新郎新婦のお二人もなんだか嬉しそうでした。
「ケーキ入場」という少し変わった演出ですが、とても素敵な時間になったと思います。

今回は、入場してすぐにキャンドルサービスでご列席者皆様の席を周ったり、新郎様がローストビーフのワゴンサービスを行なったり、写真を撮るためにご列席者のテーブルを周ったりと、新郎新婦とご列席者の皆様の距離が凄く近く感じられました。
s-5D3B0739

s-5D3B0754

新郎新婦のお二人の優しく、やわらかい雰囲気に合ったアットホームな結婚式になりました。

りえ

先日、ハイジズガーデンで行われた結婚式。

さのさんのブログにもありましたが、新郎様はハイジズガーデンの厨房で
シェフとしてレストランや結婚式にくるお客様にお出しするおもてなしの
お料理を創作しています。

新郎様から「料理を作るのは昔から好きなんです」というのは聞いていましたが、
披露宴の際、新郎新婦様にスポットをあてながら、お二人のプロフィール紹介を
聞いていると、新郎様はなんと3歳の誕生日プレゼントにお子様用の包丁をもらい、
それを使ってお母さんのお手伝いをされていたというエピソードがありました。

3歳で包丁を使えるんだということと、そんな前から料理に興味をもっていて、
料理人になったんだとダブルで驚きました。

そんな新郎様のお兄様もバーテンダーとして活躍をされている方で、
兄弟そろって食に関する技術者ということにも驚きました。

そして、結婚式当日には演出の1つとして新郎新婦様にむけた
お祝いのオリジナルカクテルを創作して下さいました。

5D3B0794


la recolte ~実り~

「たわわに実った山梨産の宝石のような果実と液体にそっと忍ばせた
バラの香りで二人を祝福するカクテルを創作致しました。
これからの二人の人生。愛と幸せが豊かに実りますように。」
というお兄様の気持ちが込められた祝福のカクテル。

鮮やかな赤色のクランベリージュースに加えて、
葡萄などの果汁が入ったフルーティーな味わいと
香り高いアールグレイティーとバラの香りのコラボレーション。

味も見た目もとても華やかなで季節感のあるオリジナルカクテル。

シェイカーを振る際には、会場から「おぉ」と歓声が。

私もカクテルを作る際の調合やシェイカーを振る姿を生で見るのが
初めてだったので、思わずお客様と一緒に歓声を上げてしまいました。

カクテルは、ゲストの皆様が飲めるようにとノンアルコールで
創作して下さいましたが、アルコールを飲める方には、
ラム酒をちょっと加えてというアレンジもして下さいました。

オリジナルカクテルで高らかに乾杯。

ゲストの皆様からそのパフォーマンスとカクテルのおいしさに拍手が湧きました。

お2人らしさが随所に見られた結婚式。

カクテルの名前のようにお二人の幸せがたくさん実りますように。


naka

昨日のハイジズガーデンでの結婚式。

新郎様は、社員としてハイジズガーデンで働いているので、
お二人の結婚式を私達もとても楽しみにしていたんです。

私も一緒に仕事をしたことがあるので、
新郎様の穏やかで皆から慕われる人柄は知っていましたが、
新郎新婦が猫が大好きなことは
最近まで全然知りませんでした。

列席者の方が
「あの二人のこんだから、絶対猫がいるだよ。」と楽しそうに言っていた通り、
席次表、席札、ケーキの飾りにも猫が登場。

s-5D3B0671


可愛らしいデザインに、お客様も喜んでいました。

お二人のこだわりを形にして頂くと、
列席者の方も「二人らしいね。」と
とても喜んでくれるんだな、と改めて感じました。


新郎様、次の結婚式では
またスタッフとして美味しいお料理を作って下さい。


本当におめでとうございます。

s-5D3B0965




さの

結婚式やブライダルフェアがある日に
気になるのが、その日のお天気。

天気予報を見るのが習慣になっていますが、
その予報よりも当たると私達が信じているのが
ハイジの村の「農夫」が教えてくれる
農夫の天気予報。

園内のお花の手入れや動物の世話から、建物の修理まで
何でもこなす農夫達は
いつも屋外で仕事をしているからでしょうか、
とても天気に詳しいんです。

今日は外で演出をしたいからお天気が心配、という日などは
私達は必ず農夫に聞きます。

「今日は雨の予報が出ていますが、
2時の模擬挙式の頃はどうでしょうか。」
「いや、今日は雨は降らない。」

農夫に聞いて安心する私達。

「農夫が雨が降らないと言っていたので、
今日は降らないよ。」と
お互いに連絡し合うほど、農夫の天気予報は
ハイジの村では重要なのです。

s-5D3A0019



さの

心なしかいつもより空が高く、風も秋めいているように感じる、
シルバーウィーク中のハイジの村。
今日もお客様で賑わっている中、ブライダルフェアが行われました。

今日のモデル役の新婦さんの髪型、ヘアにグリーンが使われているのが凄く印象的でした。
見学にいらっしゃったお客様からも、すごく素敵だからヴェールをとった姿も見たい、と好評だったこの髪型。
驚くことに実はほぼウィッグなのです。

s-_KKY8604


なんとモデルさん、ショートヘアーなのです。
s-_KKY8607

ウィッグがあるとずいぶん印象がかわってきます。
髪の毛が短くても、工夫次第で色々な髪型ができるんですね。


asami

このページのトップヘ