Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

カテゴリ: 演出

bouquety



秋色のトスブーケ。
今、出回り始めた秋色の花で作りました。


花嫁様のように透明感のある紫のトルコキキョウを束ね、
秋の森のようなイメージのアンティーク色のブーケにしました。


po


ハイジの村やハイジズガーデンの結婚式では、
ブーケの中にキャンディーを入れたブーケや


花以外にも、

ハイジやユキちゃんのぬいぐるみをトスする
ぬいぐるみトスなども人気があります。

お子様も自然に参加できるので、
列席者の方に喜ばれます。

bouquetyy



新郎・新婦様は式当日ほんの一瞬しか
みることのできないトスブーケ。


自分の手を離れて、大切な誰かに届くものだからこそ

色合いもとことんこだわり、
結婚式の日を迎えて頂けたらと思います。


Flower coordinate : Dolcevita

Tel:055 227 5187
Blog→http://dolcevita5187.kikyouya.co.jp/
Instagram→@dolcevita0129














昨日は信玄公祭りの甲州軍団出陣で、盛り上がった甲府の町。
昨年は、裏舞台にお邪魔して、甲冑の着付け方を見せていただき、
ブログの記事にもさせていただいたことを思い出しました。

ブログ内で、「甲冑」をキーワードに検索すると、
昨年、実際の結婚式で「甲冑ウエディング」に挑戦していただいた
お二人の笑顔に再会。 披露宴の様子を思い出し、思わず微笑んでしまいました。

「昔の人は、これを着て走ったのかな。」と甲冑演出の時、思うことがありますが、
これを着た新郎様には、その後の体力温存のために、走ることはお勧めしません。
逆にゆっくり歩いたほうが、威厳たっぷりです。

_KKY1876

※写真は昨年のブライダルフェアのモデル役です

甲冑を着て、ビシッと「身を固める」ところを新婦様やゲストの方に目からもお伝えすることができる演出。
今年も誰か着てくださるかな。

こしいし

毎月発行の桔梗屋グループの社内報「美味求心」。
桔梗屋の直営店などでもらうことができます。

いつも目に留まる
「今月の上生菓子」ページ。
華やかで、職人技が光っています。
DSCF4213

右上のうぐいすを模した「初音」は、
名前も風流。そしておいしそう。

上生菓子を見ると、いつも思い出されるのは、
数年前にもブログでお伝えした、和菓子でのケーキ入刀。
L1030408

大きな和菓子でできたケーキ。サクラの装飾。
記憶に残るウエディングケーキでした。
最近ですが、当時の新婦様から、
改めて感想をいただく機会があり、
「和菓子でケーキ入刀をするという夢を叶えてもらった。」
とうれしい一言をいただきました。

「夢が叶えられた」結婚式。
ご婚礼後にそんな風に言ってもらえるのは幸せですね。


2/22(日)は、HEIDI’S GARDENのブライダルフェア
そしてこの日は昨年ご婚礼されたお客様の結婚記念日。
お2人の笑顔いっぱいの結婚式の日を思い返しながら、
お客様のご案内ができればと思います。


こしいし

昨日からハイジの村ボルケーノで始まった、
「寒いほどお得フェア」。

ハイジの村のブログでもご紹介しましたが、
昨日に引き続き、今日も対象商品が50%OFFと
本当にお得。

「なんだか申し訳なくて、コーヒーと
デザートも頼んじゃったよ。」と
お客様が笑いながら話して下さいました。

対象商品では、やはりスイスにちなんだ
チーズフォンデュが人気なのですが、
ブライダルの演出でもチーズを使った
チーズリゾット作りがあります。

s-chizu
s-chizu2
s-chizu3


大きなチーズを溶かして作るリゾット、
見ていても楽しいですよね。

こちらはブライダルフェアの様子ですが、
いつもはコック服を着てリゾット作りをする新郎が、
この日は可愛らしいユキちゃんのエプロン姿に。
新婦はもちろん、ハイジのエプロンです。

スタッフで話し、「いつものコック服とは違って
新婚さんをイメージしたエプロン姿が良いかもね。」と
決めたのですが、お客様からも好評でした。

次回ブライダルフェアは2月14日の
バレンタインデー。
またブライダルフェアに来て下さったお客様に
楽しんで頂きたいなと思います。


さの

「結婚式のプチギフトに何かいいものありませんか。」とのお問い合わせ。

プチギフトは、ご列席者のお見送りの際、新郎新婦様から手渡しする
ちょっとしたプレゼント。
「今日は本当にありがとうございました。」と新郎新婦様がお礼を言うと、
「良いお式で楽しかったよ。」とご列席者が声をかける、
といった温かい言葉のやりとりの後、手渡されるプレゼントです。

そう考えると、ご列席いただいた方々と直接目を合わせ、感謝の気持ちを込めて渡すプチギフトは、「プチ」のという割に、結構重要なアイテムですね。

かわいい小物もおすすめですが、先輩カップルの中には、
桔梗屋の「こだわりのどらやき」や「桔梗信玄餅」を用意した方も。

「こだわりのどらやき」は、皮の表面に「ありがとう」や「寿」と
お2人が選んだメッセージを焼印で入れられるのが人気です。
想いが直接目に飛び込んでくるのと美味しさで、ご列席者の反応も上々です。
DSC00893


「桔梗信玄餅」は山梨の銘菓だからという理由だけではなく、
「お餅のようにくっついて、仲の良い家庭を作ります」なんて、
仲睦まじい意味合いを添えて渡す新郎新婦様もいらっしゃいました。
桔梗信玄餅イメージ


渡されたご列席者の中には、
「披露宴でお腹一杯だけど、食べたいから、食べちゃう。」
なんて方も。
ご列席者の驚き顔と笑顔がみられるプチギフト、何がいいかな。

こしいし

このページのトップヘ