Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

タグ:ハイジの村


12月のウエディングコーディネートをご紹介します。

IMG_0594


こちらは先日の、
ハイジの村クリスマスディナーショーでの卓上花です。

ドルチェヴィータのスタッフと、
クラシカルなクリスマスのイメージで
アレンジメントとテーブルナンバーなどの装飾を作りました。

花にはクリスマスイメージの赤いバラやフレッシュなモミの木、
テーブルナンバーも木にオイルステインを塗りこみ
暖かい雰囲気に。


IMG_0621


クリスマスリースとして作ったこちらのリースも、
真ん中にメッセージカードを挟み込めばウェルカムボードになります。

IMG_0668


バラと同じくらい人気のあるラナンキュラスも、
12月になり市場にも素敵な色が出回りはじめます。


旬のお花で、クリスマスの雰囲気でいっぱいの
結婚式もとても素敵ですよ。

結婚式は隅から隅までこだわりたいもの。
だから花嫁様ひとりではでききらないことも、
私たちスタッフが少しでも力になれるようにこれからも提案していきます。






IMG_9245


11月から開始予定の体験教室、フラワーキャンドル。

ハイジの村では、

リース

ジェルキャンドル

季節限定のジャック・オ・ランタン

ガーランド作りを土日・祝日に体験できます。


初めてのデートがハイジの村でしたと
最近よく耳にします。


IMG_9268


なかなか普段の生活で

2人一緒に集中して、
ひとつのものを作り上げることはないかもしれません。

彼の器用さや、選ぶ花や色が意外だったりして
とても楽しいですよ。

ハイジの村に遊びに来たら、
秋の思い出に手作り体験おすすめです。

IMG_9268






bouquety



秋色のトスブーケ。
今、出回り始めた秋色の花で作りました。


花嫁様のように透明感のある紫のトルコキキョウを束ね、
秋の森のようなイメージのアンティーク色のブーケにしました。


po


ハイジの村やハイジズガーデンの結婚式では、
ブーケの中にキャンディーを入れたブーケや


花以外にも、

ハイジやユキちゃんのぬいぐるみをトスする
ぬいぐるみトスなども人気があります。

お子様も自然に参加できるので、
列席者の方に喜ばれます。

bouquetyy



新郎・新婦様は式当日ほんの一瞬しか
みることのできないトスブーケ。


自分の手を離れて、大切な誰かに届くものだからこそ

色合いもとことんこだわり、
結婚式の日を迎えて頂けたらと思います。


Flower coordinate : Dolcevita

Tel:055 227 5187
Blog→http://dolcevita5187.kikyouya.co.jp/
Instagram→@dolcevita0129














cosmo


結婚式を挙げるとき、

どんな演出にしようか

どんなブーケを持とうかと思い悩みます。


結婚式の準備は全て、
ひとつひとつ自分の“好き”を選び取っていく、積み重ねでもあります。


kosmoy



その準備の中で、私からのお勧めは
ブーケの花をひとつだけその季節に咲いている花にすること。


きっとお庭やハイジの村をゆっくりお散歩していれば、
ひとつ心惹かれる好きな花に出会えるはずです。


cosmos

私は挙式はコスモスの花と、スカビオサ

披露宴は秋のバラにしました。


毎年、その花を道端やハイジの村で見かけると
結婚式の日の光景と気持ちを思い出します。



私の友人は結婚式で緊張してたけど、
ブーケの花をグッと握りしめてずっと見ていたから大丈夫だったよと
挙式後に教えてくれました。


本当に緊張する結婚式の日。
花のパワーで少しでも
花嫁様がほっとする瞬間がありますように。






Flower coordinate : Dolcevita

Tel:055 227 5187
Blog→http://dolcevita5187.kikyouya.co.jp/
Instagram→@dolcevita0129

kko1



ハイジの村に咲いている花で、作成したボタニカルキャンドル。
そっと火を灯すと優しく花のシルエットが、暗闇に浮かび上がります。

写真のキャンドルは
2年ほど前に試作し始めのものですが
時間が経つことでアンティークな色味も加わり味わいを増しています。



近年、結婚式の演出でも人気のキャンドル装飾。
私も結婚式の日には、高砂周りにキャンドルを飾りました。

ゆったり揺れる光が、緊張した気持ちを和らげてくれたのを
今でもよく覚えています。



ガーデンの花がたくさん詰まっているボタニカルキャンドルは、
ハイジの村やハイジズガーデンで挙式される新郎・新婦様に、
真冬でも会場内でも、より自然や花に囲まれた一日を過ごしてほしい
という思いから作りはじめました。



今年の冬から、
ハイジの村のレストランボルケーノや
一宮町・河口湖のイタリアントマトクラブのディナーテーブルに
このボタニカルキャンドルを灯す予定しており
ただ今、こつこつ製作中です。



花嫁様の中で、
このキャンドルを手作りしたい
会場の装飾やプレゼントしたいなどのご要望があれば
ドルチェヴィータまでご相談ください。
好きな花で、好きな模様を描くことが出来ます。


夢に見た1日が、より素敵な一日になりますように。



Dolcevita
Tel:055 227 5187
山梨県甲府市貢川1-5-63

Instagram ID
→dolcevita0129

Blog
→http://dolcevita5187.kikyouya.co.jp/






このページのトップヘ