Heidi's village wedding blog

大自然の中であげる結婚式。 ナチュラルウェディングの花嫁準備と、演出のアイデアをご紹介します。

タグ:結婚式

1


花屋ドルチェヴィータでは今週、
インスタグラムで「春のブライダル」とテーマを決めて
投稿しています。
→@dolcevita0129

harunobu-ke


春も花屋の私たちが唸ってしまうほど、
大好きなお花で溢れる季節です。

2月




パンジーだけのブーケにしようか、
春色の小花のブーケも優しい雰囲気で素敵です。


未来の花嫁様の参考に
少しでもなりますように。





12月のウエディングコーディネートをご紹介します。

IMG_0594


こちらは先日の、
ハイジの村クリスマスディナーショーでの卓上花です。

ドルチェヴィータのスタッフと、
クラシカルなクリスマスのイメージで
アレンジメントとテーブルナンバーなどの装飾を作りました。

花にはクリスマスイメージの赤いバラやフレッシュなモミの木、
テーブルナンバーも木にオイルステインを塗りこみ
暖かい雰囲気に。


IMG_0621


クリスマスリースとして作ったこちらのリースも、
真ん中にメッセージカードを挟み込めばウェルカムボードになります。

IMG_0668


バラと同じくらい人気のあるラナンキュラスも、
12月になり市場にも素敵な色が出回りはじめます。


旬のお花で、クリスマスの雰囲気でいっぱいの
結婚式もとても素敵ですよ。

結婚式は隅から隅までこだわりたいもの。
だから花嫁様ひとりではでききらないことも、
私たちスタッフが少しでも力になれるようにこれからも提案していきます。






ベールダウン セピア



新郎様にたどり着くまでの短い間でさえも、悪いものから花嫁様を守るように。

お母様から、花嫁様への最後の身支度として。


ベールダウンの儀式には、大切な意味が込められています。


この一枚の写真を拝見していたら、
お父様の嬉しいけれどどこかさみしそうな眼差しと
お母様の新婦様への愛情が伝わってきました。


式を挙げると、
結婚式当日のベールダウンの儀式は、
本当に一瞬に感じられます。



私も後日、プロカメラマンの写真を受け取った時に


母のそのときまでは見たことがなかった寂しそうな表情と、
挙式直前に、
綺麗にベールがおりるように裾まで丁寧にさげてくれたこと。


父がバージンロードで私が焦らないように
「ゆっくり、ゆっくり」
と、何度も声をかけてくれたことを思い出しました。


結婚式の演出に、
おもいおもいの大切な意味を込めて
未来の花嫁様も大切な日を迎えられますように。






IMG_0105


会場の花の色はどうしよう。

ブーケはなににしよう。

など花嫁さんの悩みは尽きません。


そこで、今流行のコーディネートのご紹介です。


ドライフラワーを使った髪飾りや、
挙式後ドライフラワーにもなるような花の組み合わせが
海外も含め日本でも流行っています。


ブルーグレーや、ナチュラルなエンパイアドレスを着て

写真のような色味を抑えた
ナチュラルな花束を持つというのもとても可愛い組み合わせでおすすめです。


IMG_0101



新郎様も蝶ネクタイに帽子など、
一緒にスタイリングすると
前撮りの写真も挙式とは雰囲気が変わって楽しめます。


どんな世界観にしようかな、と
考えるのは楽しいですね。

pintarestやinstagramで好きな世界観を探しながら、
自分の好きを集めていくと夢が形になっていきます。



たくさん探して、いっぱい悩んで挙げる結婚式。
その夢が叶う一日になりますように。





ハイジの村インスタグラムID→@heidis_village
ドルチェヴィータインスタグラムID→@dolcevita0129



ブーケア

ブライダルフェアの朝、ドルチェヴィータのスタッフと
ハイジの村を歩きながら
「あ、この花可愛いね~」
なんて感激しながら目が合った花を少しずつ摘みました。


たっぷり水を張ったバケツに、
花達を休ませてから
ブーケに束ねて。


摘んだばかりの花は明野育ちだからなのか、

のびのびと優しくて、

ナチュラルな雰囲気がお好きな方にはたまらないブーケになります。



前撮りや挙式でナチュラルな雰囲気の
ブーケにしたいなという方は、
遠慮なく咲いている花もいれたいですとご希望くださいね。



素敵な一日が、より素敵になりますように。






このページのトップヘ